住宅ローンの選び方

住宅ローンは大きく分けて、公的ローンと民間ローンの2つがあります。

公的ローンの代表格は財形住宅融資、民間ローンの代表格は都市銀・地銀が取り扱う住宅ローン、農協や信用金庫が取り扱う住宅ローン、民間と住宅金融支援機構の提携によるものだとフラット35が有名ですね。 住宅ローンを選ぶにあたっては、大前提として審査に通るかどうかはもちろん、将来の金利変動等を踏まえた上での住宅ローンの金利について、手数料などの諸費用について、といった事柄が選択判断の材料になります。

もちろん資金計画とすり合わせながら考えていかなければなりません。 ただし、このあたりの話については、判断した内容が将来の長きにわたって、自身の生活に大きな影響をもたらす上に、判断に当たってもある程度の専門的知識等も予定される場合があることでしょうから、ファイナンシャルプランナーのようなお金についての専門家などから基本的なことについて教えてもらうことはでも有意義なことだと思います。