不動産購入の流れ

不動産の基本的な販売形態は大きく分けて2つです。

一つは分譲物件、そしてもう一つは仲介物件です。

分譲物件は不動産会社が売主である場合です。

他方、仲介物件は売主から不動産会社が仲介の依頼を受けて販売を行っている場合です。

どちらの場合でも基本的には、1自分の希望条件を考える、2予算を決める、3物件を探す、4現地を見学する、5資金計画を立てる、6申し込みをする、7不動産の重要事項の説明を受ける、8不動産の売買契約を結ぶ、9住宅ローンを契約する、9引渡しを受ける、という基本的な流れがあることについては理解しておきましょう。